FC2ブログ

アロマテラピーって本当に効果ある?精油の香りの本当のところ - 元モデル櫻子の「キレイの習慣」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング激戦区で奮闘中です!
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村


ここまで読んでくれてありがとうございます♥
あなたのクリックが私のチカラの源です!
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

アロマテラピーって本当に効果ある?精油の香りの本当のところ

精油

目に見えない香りって本当にこころとからだに効いているのか、不思議ですよね。

実は、目に見えない香りは、香りの分子芳香分子)として存在しているんです☆

アロマテラピーの香りの分子は、こころとからだに3つの方法で影響を与えているといわれています。


ランキング激戦区で奮闘中です!
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

 

香りの分子がこころとからだに与える3つの方法

1つめは鼻から大脳へ。

その結果、香りは記憶力や感情、情動に関わる部分を揺さぶったり、免疫系やホルモンの分泌、自律神経といった生命の活動をコントロールする部分に働きかけます。

2つめは、鼻や口から肺や血管へ。

香りの分子が気管を通過して肺へと入ると、血管壁を通って血液に紛れ込み、全身に運ばれていきます。

3つめは、空気中に漂う香りを嗅ぐのではなく肌へ触れた場合。

精油を入れたお湯に使ったり、ベースオイル(キャリアオイル)と呼ばれる植物油ブレンドした精油を肌に塗ることで、香りの分子は皮膚の表面から吸収され、皮膚の深部にある真皮まで到達します。

そこから、さらに毛細血管やリンパ管などに入り、全身を巡っていきます。

こうして香りの有効成分は3つのルートを経由してこころとからだに働きかけるのです。

精油はどうやって作られる?

精油は、ハーブなどの植物から芳香物質を採取して集めたものです。

花や葉、根、樹皮、樹脂、果皮などのさまざまな部位から抽出されます。

抽出方法には、いろいろな方法がありますが、植物から抽出される精油の量は非常にわずかです

たとえば、1kgの精油を採るためには、ラベンダーでは150kgの花が、ローズでは3トンものの花が必要になります。

ローズの精油1滴で考えると、なんと60本分のバラの花びらが使われているのです☆

このことからわかるように、精油には植物のもつ香りの有効成分が凝縮されているんです。

精油には、数十から数百種類もの有機化合物が含まれていて、こころとからだにさまざまな影響を及ぼします。

その働きは、心理的な作用をはじめ、生活リズムやホルモンの調整作用、体内のさびつきを防止する抗酸化作用、抗菌、抗ウィルス作用、保湿作用など、じつに広範囲にわたっています。

どんな植物のどの部位から抽出されたかによって、その働きは異なってきますが、1種の精油だけでもいろいろな効果が期待できるんです。

さらに数種類の精油をブレンドすれば、効果は相乗的にUPしますよ☆

体内に入るものだからこそ、高品質の精油を使うべき。
私はいつもここのショップで精油を購入しています。
生活の木 通販

関連記事

ここまで読んでくれてありがとうございます♥
あなたのクリックが私のチカラの源です!
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

感想・リクエスト・お問い合わせはこちらからどうぞ。
櫻子へメールする
相互リンクも募集中です♪

コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。